FC2ブログ

「無理しないで」ではなく「期待してます」

1週間も経たぬうちに、トニセンのディナーショーが始まり、今日更新されたジャニーズウェブの健君のブログ「にこにこ健」では年末の歌番組にV6が出演を匂わせ(笑)、ファンとしても期待が高まっています。

しかしツイッターを眺めていると、坂本君の膝の具合を危惧する呟きもあり、「無理しないで」という言葉も並びました。
私自身も前まではそう思ったし、きっと同じことを呟いただろうと思います。
でも、TTT2の番宣で「しゃべくり」に出た時に、アクロバットをしなくなったことに触れ、以前は「キャ~ッ!」という黄色い声が多かったのに、最近はアクロバットをすると安堵しているから「やめた方がいいんじゃないか」となったと話してました。
バラエティ番組なので、面白く語ってるだけなのかもしれませんけど、ほっとしている雰囲気は感じ取ってたんだろうなとは思います。
でもその時私は、彼らのプロとしての「プライド」も見たような気がしたのです。
「心配されてまでやりたくない」というような。
「心配かけたくない」という気持ちもあると思いますが、常に最高のものを見せようと努力している人たちだから、自分たちの都合より、ファンが見たいものを優先するのではないか、その結果ファンに心配されるのでは本末転倒ではないかと考えたんじゃないかなあとふと思ったのです。

坂本君が膝の手術を公表したのはびっくりしたのですが(そういうことは事後報告するか、ずっと黙ってる人だと思ってたので)、公表する理由はやはりワンズコンでの一件でしょうね。
怪我の再発を、ファンが引っ張ったからというツイートが広まり、それを坂本君がラジオで否定したことがありました。
今回きちんと話すことで、間違った情報が流布することを止めたかったのだろうと思います。
そして公表する以上は、責任持って治し、ファンに同情されるようなパフォーマンスはしないと決めているのだろうと思います。
そんな坂本君に対して、ファンだからと言って「心配してる」、「無理しないで」という言葉は失礼かもしれません。
例えば一流の腕前のシェフが、お客さんに満足いただける様な料理を出すために、毎日食材を求めて市場に行き、あるいは農家まで出かけて、とことんこだわって選んでいるのを見て、そんな朝早くから行かなくていい、食べられるだけでいいから、近くのスーパーで買って来てくれればいいなんて言わないですよね。
料理とは違うよと言われるかもしれませんが、最高のものを出すために努力をしているのは同じだし、坂本君に「無理しないで」というのは、そこそこの料理でいいよと言ってるようなものではないでしょうか。
痛かったかもしれない、リハビリはきつかったかもしれない。
でも私たちがそこに目を向けるのは間違いで、その結果出来た本番でのパフォーマンスなんです。
だから今私達が言う言葉は「期待しています」なのではないでしょうか?
坂本君はプロです。
そしてそれを支えているであろうお医者さんもプロです。
素人が口を出すことではないのではないでしょうか?

何だか説教臭いかな?(^_^;)
坂本君は結構エゴサする人なので、注意喚起というと大袈裟だし、上から目線ですが、こう思うよということで書いてみました。

V6のことを中心に呟いてます→@kazeou01
(これまでのつぶやき→ツイログ
※濃い絡みや相互フォローのお約束は出来ません。あしからずご了承ください。




Vろくの部屋
ぶいろくのへや
※携帯用サイト

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ V6へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Tag:V6 坂本昌行

0 Comments

Post a comment